大阪 ダイエット パーソナルトレーニングお問い合わせ

大阪心斎橋四ツ橋のダイエット専門パーソナルトレーナー三澤崇志|ヒップアップ・ウエスト引き締め・ダイエットパーソナルトレーニング

立って行うトレーニングがダイエットに効果的【7】

 



❖ はじめに


もしあなたが「運動不足」を感じているならば、その原因は何なのでしょうか?

普段のお仕事でカラダをあまり動かさない為?

そしてエレベーターやエスカレーターを使うから?

バスや電車を使い、自家用車も使う為?


いえ


恐らくは「座る時間が長い」日常が原因ではないでしょうか?

仮にそうであれば、運動不足をいかに解消しダイエットを成功させれば良いのでしょうか?





◆ ジムでも座って行うトレーニングは避けましょう


お仕事でデスクワークに勤しむ方々は多い筈です。

本当に疲れますよね。

そして、何時間も座り続けた事であなたのカラダも疲れています。


仕事が終わり、運動不足の解消としてフィットネスクラブに通う方や

ご自宅で腹筋やストレッチ、通販器具等も使い運動される方も

いらっしゃると思います。


確かに間違ってはいません。

ですが

あなたは日中「座っていた」のですから、取り組む運動は立って行うべきです。

立っている方がエネルギー消費は高くなり、ダイエットに効果的です。


また、座っている姿勢は「背骨」にかかる負担が大きく

立っている姿勢の時にかかる負担が「1」とすれば、座った姿勢は「1.85倍」以上と言われます。

つまり、座って行う運動は腰を痛めやすいという事になるのです。


◆ マシントレーニングは痩せにくい


上記の理由と合わせて、一部分しか動かさないマシントレーニングは

殆どの方にとって、痩せる運動にはなりにくく

逆に立っている時は足の裏や膝、体幹等で体重を分散できます。


しかし、座る時は違います。

座る時はイスにカラダが固定されてしまう為、背骨に負担が多くなります。

デスクワーク等で座る姿勢が長い方程、座って行うトレーニングは避けるべきなのです。





◆ 立って運動を行うメリット


あなたの頭の重さや体重は、足の裏や膝等が受け止めてくれます。

そして背骨を固定するためにあなたのお腹(体幹)も使われます。


頭に関しては、あなたの体重の約10%の重さが発生致します。

中々の重さだと思いませんか?

デスクワークをされる方は、この重さが肩や首に伸し掛かります。

長期間座れば、カラダへの悪影響は更に高まります。


それなのに、フィットネスクラブを利用される多くの人が

「立って筋トレ」をされていないのです。


どうしてでしょうか?

理由は明白です。


フィットネスクラブのトレーニングマシンには、座って行うタイプのマシンが非常に多い為です。

マシン自体の操作もシンプルなので、働き始めたばかりのスタッフの方でも

お客様へのご案内が容易であり、また使用に関しても安全面で優れている為です。

勿論、マシントレーニングが全て駄目なわけではありません。

ですが、あなたが求める目的が「ダイエット」であるならば、その方法は考慮する必要があります。



一日中デスクワークで長時間座っていたのも関わらず、マシントレーニングでまた座る姿勢になっている。


あなたは当て嵌まりますか?


座るマシンであれば「安全面」の不安は減少致しますが「ダイエット効果」も薄らぎます。

そしてそれを防ぐのが「立って行うトレーニング」なのです。





❖ まとめ


普段のあなたは座っているからこそ、立った状態での運動が望ましいのです。

座ったまま動くというのは、そもそもが不自然。


あなたのカラダに足りない運動を行う事は

結果的にダイエットやボディメイクの成功を近づけるのです。




 

 

 

 

 

 

ダイエットを成功させリバウンドを防ぐには筋トレが大切【1】

 




❖ はじめに



ダイエットをされる場合、「運動」と「栄養」の2つのバランスが大切なのは皆様もご存じの筈です。

「ダイエットを成功させリバウンドを防ぐにはどうすれば?」という疑問やお悩みを解消しつつ

ただ痩せるだけではなく、キレイなボディラインも手に入れるにはどうすれば良いのか?
 
ダイエットをする際の気になる点も踏まえて、お話をさせて頂きます。




◆ 食事改善だけで綺麗に痩せる事は難しい



カロリー制限をしたり、油ものを控えたり、夜は炭水化物を抜いたり
あるいは間食をしないなどの方法は、あなたも一度は見たり聞いたりした事がある筈です。


上記の方法を試せば、最初の内は体重がストンと減り、一見ダイエットが成功したかに思えます。
しかし、全て体脂肪で体重が落ちたわけではありません。

脂肪+筋肉が一緒に減少し、体重が落ちた可能性が高いと考えられます。

なぜならば、脂肪のみを落とすというのは不可能だからです。

体重が10kg減れば、除脂肪体重(筋肉、骨格、内臓等)は確実に3kg減ると言われています。

つまり筋肉はどうやっても減ってしまうという事です。
 

◆ 筋肉が減ればどうなるのでしょうか?



あなたのカラダのラインは筋肉が形作ります。
その筋肉が減るという事は、カラダのラインが崩れる事を意味します。

「筋肉が減ると基礎代謝が下がる」

と良く言われますが、それは間違いではありませんがここでは説明を一旦割愛致します。

私の個人的な見解ですが、筋肉が減れば日々の活動量が減る傾向になります。

例えば階段よりもエレベーターを使うなど、筋肉が減ることで動く事が億劫になり
カロリーを消費する機会をどんどん避けてしまう様になるのです。



◆ リバウンドをしないカラダには「筋トレ」が必要



リバウンドをされる殆どの方は「食事制限」のみのダイエットか
取り組む運動が「有酸素運動」ばかりのケースが多くあります。

リバウンドを防ぎ、ボディラインを崩す事無くキレイに痩せる為の秘訣になる「筋トレ」は

ダイエットを成功させたい女性の方こそ、積極的に取り入れるべきです。



◆ その運動は「筋トレ」になっているでしょうか?



食事制限と並行して、運動を始められる方は多いと思います。

ウォーキングを始めたり自宅でDVDを見ながらエクササイズをしたり
フィットネスクラブに通いだしたりと、運動をするのにも様々な方法があります。

しかし、ダイエットに効果的な筋トレとは「ある程度の負荷をかけた運動」になります。


それはダンベルやバーベル等を用いた、女性の方が敬遠しがちな内容です。

ですがそのトレーニング効果こそ、リバウンドを防ぎカラダのボディラインを美しく引き締め
ただ痩せるだけではない「健康的なカラダ」になるという
ダイエットを希望される多くの方にとって、理想的な方法となるのです。



 
 まとめ


ダイエットは「食事制限」を行い〝不健康にやつれる〟事がゴールではありません。

女性の方は「体重」を気にし過ぎるあまり、極端な食生活になりがちです。

あなたのカラダを変えるのは「筋トレ」と「栄養摂取」のバランスだと

私は心からお伝えしたいと思います。




料金・体験お申し込み方法

bana3-追加-→変更

↑クリックで体験のお申し込み方法へ↑
Facebook
Facebookページ
LINE@
定期配信の
公式LINE@


〝心と体の為の情報発信〟
『メンタルビューティーダイエット』

shutterstock_416373823

ダイエットの嘘と真実やその他情報を
無料で配信中。
LINE@フォロワー登録数は
日々増えています。

ID=@karadamigaku

友だち追加数
Twitter
Blog
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
RSS購読(更新情報配信)
follow us in feedly