大阪 ダイエット パーソナルトレーニングお問い合わせ

大阪心斎橋四ツ橋のダイエット専門パーソナルトレーナー三澤崇志|ヒップアップ・ウエスト引き締め・ダイエットパーソナルトレーニング

お肉を沢山食べると本当に痩せる?【28】

 




こんばんは。

三澤崇志(みさわたかし)です。


以前にもタンパク質のお話をさせて頂きましたが、肉食ブームは凄いですね。

糖質制限ダイエットとの相乗効果で、焼肉やステーキを毎日食べる方もいらっしゃるようですが

実際の効果はどうなのでしょうか?





◆ お肉を食べるとスタミナがつく?


よく言われますね。

ですが、何の根拠もありません。

スタミナをつける為にお肉を食べるとありますが、お肉を食べなくても元気な方は沢山いらっしゃいます。

ここで大事なのは

「お肉を食べないと体力やスタミナがつかない」という思い込みです。


体力は「運動習慣」でつくのですから、お肉を食べただけで体力やスタミナは上がりません。

寧ろ、食べ終えた時は消化に時間がかかる為カラダは疲弊致します。

「お肉を食べるな」とは言いませんが「糖質を摂らなければ肉は食べ放題」という考えには賛成出来ません。


◆ 脂肪はどうするのか?


これも懸念すべき事ですね。

日本人は脂肪摂取量が、約60年で約3.4倍になったと言われます。

そして、糖尿病死亡率も約4.6倍に増加しています。


数値を見れば、糖質制限が推奨されるのも無理はないのかも知れませんが

脂肪の摂り過ぎによる健康のリスクを考えれば

脂肪の摂り過ぎも考えるべきですよね。

となると、お肉の食べ過ぎはどうなるのでしょう?

動物性脂肪は飽和脂肪酸というコレステロールを増やす原因になりやすい脂肪酸です。

糖質制限をするから、お肉を食べ放題しているとあなたのカラダはどうなるのでしょうか?

糖質が少ないのに、動物性脂肪は沢山摂る。

それは健康と言えるのでしょうか?


◆ 単純な真実に気づくべきです


「タンパク質を摂らなければ、カラダは作られない」

勿論、そうです。

ですが、お肉だけがタンパク質源なのではありません。

魚も玉子もタンパク質源ですが、動物性タンパク質になります。

「魚の油はカラダに良い」と言いますが、動物性である事には変わりません。

どんな食品にもタンパク質は含まれています、その量が動物性食品には多いというだけです。

動物性脂肪が病気のリスクを高めるのであれば、ダイエットだからだと多く摂取するべきではないのです。

特にタンパク質を摂らなければ、タンパク質を作れないと思うのは間違いです。

タンパク質を摂らないから、筋肉が減り代謝が落ちリバウンドをしたり痩せないのではありません。


カラダは運動不足によって衰えるのです。

運動不足によって、美が損なわれるのです。

あなたのタンパク質源になっている、牛や豚や鶏は動物性タンパク質など一切摂っていません。

そんな単純な真実に気づいてみましょう。


お肉はあなたのカラダに必要でしょうか?



いつもお読み頂きありがとうございます。




 

この記事に関連する記事一覧

料金・体験お申し込み方法

bana3-追加-→変更

↑クリックで体験のお申し込み方法へ↑
Facebook
Facebookページ
LINE@
定期配信の
公式LINE@


〝心と体の為の情報発信〟
『メンタルビューティーダイエット』

shutterstock_416373823

ダイエットの嘘と真実やその他情報を
無料で配信中。
LINE@フォロワー登録数は
日々増えています。

ID=@karadamigaku

友だち追加数
Twitter
Blog
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
RSS購読(更新情報配信)
follow us in feedly