血液型 恋愛 人間関係お問い合わせ

血液型別カウンセラー 三澤崇志 Official Blog

お腹周りは腹筋運動だけで改善されません【5】

 




❖ はじめに


未だにお腹を凹ませたいからと「腹筋運動」を沢山される方がいらっしゃいます。

特にフィットネスクラブに通われている方に多く見受けられます。


お腹周りの体脂肪を減らすのは「何回も行う腹筋運動」ではなく「食事改善」になります。

最近はようやくその事実に気付いて、1日に腹筋100回以上を何回も行うというお客様は減ってきましたが


まだまだ、誤解されている方は多くいらっしゃる筈です。


あなたのウエストラインを変えるのは「食事」です。

毎回の運動で、何回も腹筋を行い続けた結果「腰を痛めた…」とだけはならない様にお気を付け下さい。





◆ そもそもお腹の脂肪は運動不足が原因ではない


そもそもの原因は「栄養過多」です。

それを理解せずに運動を頑張られても、ウエストラインは変化しづらいのです。

どれだけ運動を行ったか?ではなく、どれくらい栄養を摂取しているか?を

考えて行く事が、あなたのウエストラインを変化させるのです。


◆ 摂取カロリー < 消費カロリーの考え


ウエストに限らず、体脂肪を減らすには「消費カロリー」と「摂取カロリー」を

考えて行く必要があります。


摂取カロリー > 消費カロリーの場合、消費されなかった摂取カロリーは体脂肪として

あなたのカラダに蓄えられます。

何故お腹周りに脂肪がつきやすいのかと言いますと「外部の衝撃からカラダを守る為」になります。


胸周りには臓器を保護する為に「肋骨」があるのですが、腹部には骨がありません。

その為、内臓を保護する為に体脂肪をつけ分厚くする事で、クッションの役割をさせるのです。


また体脂肪は「皮下脂肪」と「内臓脂肪」に分類され

「皮下脂肪」は皮膚の下にある脂肪の層

「内臓脂肪」はお腹の中の内臓が納まっているスペースに存在します。


◆ 適量の脂肪もカラダに必要


脂肪はあなたの飢餓に備えて余ったカロリーを貯蔵するだけはなく、カラダに良いホルモンも分泌し「食欲を抑える」働きもするのです。

ところが、脂肪を溜め込む「脂肪細胞」が脂肪を溜め込み過ぎると、あなたのカラダに悪影響を与えるホルモンを分泌し始め

「食欲を抑えるホルモン」は出にくくなり、肥満傾向の方は「食べ過ぎる」という悪循環に陥りやすくなるのです。


その悪影響を与えるホルモンは、「皮下脂肪」に比べて「内臓脂肪」が分泌しやすく


皮下脂肪が多いポッチャリ体型の方より、細くてもお腹だけポッコリ出ているメタボリック傾向の方のほうが生活習慣病になりやすいのです。


◆ 腹筋を行うよりも、全身を使う運動を行う


ここでいう「全身を使う運動」とは「筋トレ」の事です。

しかも「しっかりと負荷をかけた筋トレ」になります。


腹筋運動を行い、お腹だけが凹むとは残念ながらなりません。

寧ろ、凹ますだけに限定するならば「全身を使った筋トレ」のほうが効果が高くなります。

お腹を凹ますには「栄養摂取」を考え「食事改善」をする。

その事が前提になるのをご理解された上で、運動を行いましょう。





❖ まとめ


お腹を凹ませたいと、運動を始める方は増えています。

美と健康に対するポジティブな取り組みは素晴らしい事です。

ですがその取り組みを結果に繋げる為には「知識」を得ていく事が大切なのです。



ダイエットを成功させるのは「正しくスマート」に取り組む習慣です。
 
 
 
 
 
 

 


 

この記事に関連する記事一覧

お問い合わせ

bana3-追加-→変更

↑クリックでお申し込み方法へ↑
LINE@
公式LINE@
〝驚くほど人間関係が変わる秘密〟
ダイエットトレーナー歴10年で5万人を見てきて気づいた『あの人のハートを鷲掴み! 〝血液型別とっておきの裏技〟』発信中

shutterstock_416373823

LINE@フォロワー登録数は
日々増えています。

ID=@takashi-misawa

友だち追加
Facebookページ
Blog
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
RSS購読(更新情報配信)
follow us in feedly